投資の読みもの

株式投資をはじめとした投資や資産運用などについてのあれこれを解説するサイトです。

どこでもドアが発明されたら、世界中は大恐慌に!?新しいイノベーションが生まれると、誰かが大きく損をする…というのが経済です。

f:id:cardmics:20191113224049j:plain

もし今日、どこでもドアが発明されたら?

そう考えると凄くワクワクしますよね。なにせどこでもドアは世界中のどこにでも瞬間的に移動できる道具。

観光地から仕事場に至るまで、自分が行きたいだけ自由に移動することが出来るようになります。私がもし手に入れたら昔から行きたかったウユニ塩湖や南極なんかに、すぐにでも飛んで行っちゃいますね。

しかしこれ、経済でモノゴトを考えると良い面ばかりではありません。

たぶん、どこでもドアが発明されたら、世界中が大混乱&大恐慌になることは間違いないからです。

今回はそんな経済の話を、雑談がてら書いてみたいと思います。

どこでもドアの発明と経済について:

どこでもドアが発明されたら衰退するもの:

まず、どこでもドアが今日この瞬間に発明されてしまったらどうなるか?予測するにその世紀の発明で、多くの産業が一気に破綻することになります。

わかりやすく例をあげてみますね。

  • 自動車…趣味以外での利用が不要に。TOYOTAやHONDAは軒並み倒産。
  • 飛行機…飛行機での移動が不要に。JALやANAはまず破綻。
  • 旅行…瞬間的に移動できるため需要減。HISやJTBはかなり厳しい。
  • 電車…電車での移動が不要に。JRや私鉄各社は厳しい経営に。
  • レストラン…本場のものが本場で食べられる時代に。
  • 不動産…都市部の土地価格が急落。地方の土地価格が上昇。
  • 運輸…輸送もどこでもドアで一気に可能に。委託不要。
  • エネルギー…移動にかかる燃料が不要に。需要の大幅減。
  • 金属…自動車や飛行機などが不要になると、鋼鉄需要も大幅減。
  • 倉庫…物流拠点などが不要に。すぐに配送可能になるため、需要減。

こんな感じでどこでもドアが発明されてしまったら、日本だけで少なくとも500万人、多い場合には2,000万人くらいが失業する可能性大。

そうなったらまさに未曾有の大混乱ですよね。

もちろんどこでもドアを作る産業やどこでもドアによる旅行プランなどなど、その登場によって新しい産業がでてくるのかとは思いますが、それも失うものと比べれば小さい産業になってしまうかと思います。

一瞬で開発され普及するわけではない:

ただこの話は、どこでもドアが今日、いきなり発明され、且つ大量生産されて安価に世界中に普及した場合の話です。

そうじゃなく、たとえばどこでもドアが発明されたとしても1つ生産するのに1年前後の時間を必要とし、製造コストが100億円以上かかるような場合には、こういった経済の大混乱はすぐに発生しません。

  • 世界中に一気に普及する場合:経済は大混乱に
  • 開発されても普及はゆっくり:経済は徐々に順応

電気自動車やドローン同様、世界経済が徐々にその環境に順応していくだけとなります(写真用のフィルムが不要になりつつあることで、富士フイルムが化粧品を開発しはじめたのと同じ変化が発生するということ)。

どこでもドアは極端な例だけれども:

次に、どこでもドアの例は極端な例ですが、今、世の中では似たようなことが起きています。それがアメリカで起きたシェールガス革命です。

シェールガス革命により、今までは抽出することが出来なかったガスやオイルが取れるようになってしまったため、原油価格や液化石油ガスが軒並み下落。

結果として石油や天然ガスに経済が依存していたロシアや派生してウクライナ、そしてベネズエラなどの政情不安につながっています。

つまり、アメリカという良いお客さんが輸入せずに自分でエネルギーを作れるようになってしまったために、取引相手を失ってしまったそれらの国の経済が混乱してしまったのですね(米国のトランプ大統領が中東情勢に興味を持たなくなった理由とも言われている)。

実際になくなった産業も多い:

どこでもドアの話をすると『なんか信じられないなぁ…』と思う人もいるかも…ですが、過去には需要があったけど、新しいイノベーションによって無くなってしまった産業も多いですよね。

たとえば馬車。

車が開発されてしまってことで動力としての馬が不要になってしまったことは容易に想像ができます。

他にも籠屋、飛脚なども同じように消えてしまった産業のひとつ。

それまで便利に感じていたサービスであっても、新しい技術がそれを上回ってしまう場合には、容赦なく切り捨てられてしまうのが経済であるとも言えそうです。

なにかが便利になると誰かが損するのが経済:

f:id:cardmics:20190227230911j:plain

このようになにかが劇的に便利になると、誰かが大きく損をするのが経済というもの

IT技術やロボット技術なんかもそうですよね。これらのテクノロジーが発達すればするほど人手が不要になっていくため、単純作業労働者の仕事が減って将来、失くなってしまう職業も出てくることでしょう。

雑誌やインターネットで「10年後になくなってしまう職業」といったものが特集されることが多いのも、そういった世の中が劇的に変化していってる影響だと言えそうです。

以上、どこでもドアが発明されたら、世界中は大恐慌に!?新しいイノベーションが生まれると、誰かが大きく損をするというのが経済です…という話題でした。

世の中が便利になれば仕事が減る。不思議な感じかもしれませんが、たまにはこんな感じに経済でものごとを考えてみると面白いものですよ。

参考リンク:

もっと経済や金融を勉強してみたい…という方は、下記記事もあわせてどうぞ。まったく予備知識がない方にも読みやすい、入門書を中心におすすめしています。

news.cardmics.com

PAGE TOP