投資の読みもの

株式投資をはじめとした投資や資産運用などについてのあれこれを解説するサイトです。

家を買うよりも大きな出費は、妻を専業主婦にすること!?将来、マイホームが欲しいなら、家族会議で共働きを話し合おう。

f:id:cardmics:20180126114714j:plain

どこで読んだか忘れましたが、最近、『家を買うよりも大きな出費は、妻を専業主婦にすること』という説明を読みました。

確かにその視点はあるなぁ…と個人的にも思ったので、今回は妻を専業主婦にするかどうかの選択について記事を書いてみたいと思います。

結婚したら奥さんを専業主婦にしたいと思ってる男性はもちろん、専業主婦になりたい女性の方も是非、読んでみてくださいね。

妻を専業主婦にすることについて:

妻に働いてもらった時に稼げるお金は多い:

まず専業主婦になるかどうかを考える前に大切なのは、その分の収入をどう扱うか。なぜなら結婚後も継続して妻に働いてもらえれば30年間で下記の収入が得られるからです。

  • 年収の手取り500万円:1億5,000万円
  • 年収の手取り300万円:9,000万円
  • 年収の手取り250万円:7,500万円
  • 年収の手取り200万円:6,000万円
  • 年収の手取り100万円:3,000万円

仮に配偶者にも正社員として働いてもらえれば、だいたい1億円前後の収入が得られる計算に…。まぁ子育てが忙しい期間はパートのみにしたとしても、30年で5,000~6,000万円程度の稼ぎを得るのは難しくありません。

一戸建てを買う費用よりも高い:

これが冒頭で触れた「家を買うよりも大きな出費は、妻を専業主婦にする」こと。

理屈はカンタンですね。妻に結婚後も働いてもらえれば、一戸建てや分譲マンションを買うための世帯収入を増やすことができるから。

  • 共働き:
    30年間で5,000~6,000万円の収入アップ。正社員勤務してもらえれば1億円以上の世帯収入が増える。
  • 不動産購入:
    一戸建てや分譲マンション購入で5,000万円程度(都内だとやや厳しいですが地方だとお釣りが来る)

しかし、専業主婦になってもらった上で5,000万円を稼ごうと思うとかなり厳しいですよね。

夜遅くまで頑張って頑張って頑張ってやっと、中古の分譲住宅やマンションを3,000万円前後で買う…というのが現実的な路線なのではないでしょうか?

稼ぎに自信がある男性なら別だけど:

もちろん稼ぎに自信があるとか、男ならそのくらい頑張って働くつもりだというなら止めはしませんが、今は生涯賃金が2億円に届かない時代。

いつかはマイホームを…という願望があるなら、お嫁さんに『すこしだけでも働いてくれないか?』と頼んでみるほうが無難と言えそうです。

その一言で世帯収入が急増しますよ。

マイホームが欲しいなら共働きを選択しよう:

まぁ今回の話はただの机上の空論。

実際は妻が働きに出れば旦那も家事を担うことになるために、単純な足し算で夫婦の収入が増えるわけではありません。

しかし、大切なのは結婚する際、奥さんが希望するからといって専業主婦にするのではなく、収入減を想定して家族会議することが重要だということ。

  • 家族会議せずに専業主婦:あとで問題になりやすい(離婚の原因にも)
  • 家族会議をした上で専業主婦:家計がピンチな時は助けてもらいやすい

特に一戸建てにしろマンションにしろ将来、自分たちだけのマイホームが欲しいなら、働いてもらう必要性を配偶者に伝えてみてください。仮にパート労働のみでも、年間100万円稼いでくれると家計はかなり助かるはずですよ。

以上、家を買うよりも大きな出費は、妻を専業主婦にすること!?将来、マイホームが欲しいなら、家族会議で共働きについて話し合いしよう…という話題でした。

参考リンク:

参考までに、マイホーム購入に関連するリンクをいくつか並べておきます。興味がある方は今の土地相場や建売の価格帯をチェックしてもらえればと思います。

あと、家計の節約をもっとしたい…と考えている方は、下記記事もあわせてどうぞ。電気代から旅行代などの出費節約方法をまとめていますよ。

etc.cardmics.com

PAGE TOP